無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
新年のご挨拶
0
     新年あけましておめでとうございます。
    新しい年が素晴らしい一年になりますよう、
    皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

    さて、みなさまへのご挨拶を、昨年を振り返りながら、
    させていただきたいと思います。

    * * * * *

    ▼枝光本町商店街アイアンシアターについて

    アイアンシアターの昨年を振り返りますと、一番のトピックスは「えだみつ演劇フェスティバル2012」の開催だったと思います。
    (えだフェスfacebookページ 
    約3ヶ月半に及ぶ、日本一長い演劇フェスティバルは先日、
    12月23日をもちまして無事閉幕することができました。

    準備段階から閉幕まで、お力をいただいたすべての方々に、
    感謝いたします。

    日本各地から、力強い作品と、地域における新しい交流の場を提供いただいた劇団のみなさま。
    そして、彼らの演劇やダンスに出会いうため、劇場へ足をお運びいただいたみなさま。
    さらに、その人の流れを、心温まる会話や美味しい食べ物で、循環させ続けた枝光のみなさま。

    この愛する三者が出会い続け、交流し、演劇やダンスの力を分かち合う日々は、本当に有り難いものでした。
    みなさまへの敬意と感謝を忘れること無く、次のフェスティバル開催へ向けて邁進いたします。


    ▼のこされ劇場≡について

    のこされ劇場≡での一番のトピックスは「北九州市民文化奨励賞」の受賞でした。
    (平成24年度(第45回)受賞者 
    北九州市ホームページ)

    そのことで、地域で活動する誇りと、より一層の責任を持つことができました。
    活動に触れていただいたみなさんに分け隔てなく、演劇を通じてひとりひとりの幸せや喜びを創造し、かつ循環させ続けたいと思います。
    信念を貫き、失敗を恐れず、これからも演劇を続けていこうと決意を新たにしています。

    改めまして、ぼくの創作に力をくれる劇団員や、彼らを支えてくださるご家族・ご友人のみなさまにも、心から感謝いたします。

    * * * * *

    さて、多くの感謝と決意を胸に、新しい年がスタートします。

    ぼくの演劇は、決してひとりでは成し得ることができません。
    いつだってぼくの演劇は、日常を暮らすあなたと、ともにあります。
    あなたが暮らす日々の物語こそが、ぼくにとっての演劇の胎盤となるのです。

    ひとの喜びを自分の喜びとして得、その循環を学びと糧にして、今年も精進していきたいと思います。

    みなさまの毎日に、多くの喜びがありますように。
    本年もなにとぞよろしくお願いいたします。


     2013年元旦

     枝光本町商店街アイアンシアター芸術監督
     のこされ劇場≡主宰
     市原幹也
    | irontheater | シアターからのお知らせ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://irontheater.otegarugekijou.org/trackback/73