無料ブログ作成サービス JUGEM
大学演劇ラボ 第4回戯曲講座(制作)
0
    今回は講座の内容を時間経過と共にご紹介します。 

    ▽14:00〜
    講座開始時刻。
    泊先生ギリギリで到着。
    本くん(なぜか皆から“本センセイ”と呼ばれている)が、14分遅れて到着(顔真っ赤)

    ▽14:15〜
    制作事項連絡

    ▽14:20〜
    あらすじ書き(80文字前後)スタート。

    2011,01,05
    各自考えたら、ホワイトボードに書き込み、

    2011,01,05
    泊さんが添削。
    を、何度か繰り返す。

    「あれ、戯曲講座というより企画書講座みたいなってきたな・・」と、泊さん。

    見ている私も勉強になる。

    ▽15:30
    あらすじ完成!

    ▽15:30〜
    3人が書いてきた戯曲を読んでみる

    泊さんから的確な指摘。
    全員でも「ここはこーだ」「あれはあーだ」言い合う。

    新作が出来上がって行くのは、ドキドキです。
    がんばれ、受講者3名!書き上げてください!


    ▽17:30
    講座終了
    新年会準備

    ▽17:50〜
    新年会スタート!
    市原の爆笑ネタ(新作)から始まり、
    つらつらと、
    受講者の恋愛事情、
    泊さんの演劇人生や現在の思いまで聞くことができました。

    1番の盛り上がりは・・


    2011,01,05
    枝光ジャージ!!

    受講者の松野くん、本くんも気に入ったようです。
    泊さんもお気に入り。


    ▽22:00
    いつの間にかこんな時間に・・
    片付けして終了
    | irontheater | 大学演劇ラボ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    大学演劇ラボ 第3回戯曲講座(松野)
    0
       こんにちは!
      戯曲講座を受講しています松野と申すものです。

      前回の講座から、10枚の写真でプロット、作って参りました!
      それぞれ個性垂れ流しの物語でなかなか強力でした。

      そしてタイトル決め…今回人気の単語はダークサイド!
      ダークサイド北方というアパートみたいなタイトルまで提案されました。
      タイトル決めは難航しましたが、無事仮決定しました。そのタイトルとは
      「ダークサイド松野」「負け組カラーズ」
      「暗躍携帯爺ぃ」

      一体このタイトルからどんな物語が飛び出すのかお楽しみに!
      | irontheater | 大学演劇ラボ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      大学演劇ラボ 第2回戯曲講座(塩津)
      0
         こんにちは!
        戯曲講座を受講している塩津と申します。
        戯曲講座用に、大学でピンク色の新ノート買っちゃったんですよ!!ノリノリです!!
         
         
        今回の講座では、選んできた10枚の写真(人物が喋っているもの)を使いました。
         
        前回の講座で、写真から会話を連想する楽しさを知ったので、今回もワクワクでした。
        しかし、10枚の写真で話の流れを作るのは、難しかったです・・・。
        どの写真を1枚目に使うか、メインの写真に使うかが難しいですね。
         
         
        私は、新聞から拾ってきた、道徳の授業中の中学生の写真を最初に持ってきていました。
        そのせいか、教師ものの戯曲になる・・・かも・・・・しれません・・・わかりません。
         
         
        次回は、プロット、登場人物を発表です!
        そして、余裕があればタイトル3つ考えること!
         
        がんまりまーす!
        | irontheater | 大学演劇ラボ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        大学演劇ラボ 第1回戯曲講座
        0
           枝光本町商店街アイアンシアタープロデュース企画
          『大学演劇ラボ』がいよいよ始まりました。

          このブログでは今後のラボの様子を毎回お伝えしていこうと思います。

          戯曲講座5回、俳優講座4回
          そして最後に講座で出来上がった戯曲でリーディング公演を行うと言うこの企画。(詳しくはこちら
          まず11月26日の戯曲講座の模様をお伝えします。



          まず戯曲講座講師である泊篤志氏(飛ぶ劇場)による挨拶から



          そして、今回の受講生はこの三名。
          三名とも以前開催された泊氏の戯曲ワークショップを受講しているため
          第1回というよりも第4回目くらいのスタートです。

          早速台本を書き始めます。
          お題はとある写真。
          写真はお見せできないのですが
          飲み会の席で結構飲んでいるのか頬を赤らめて俯いている女性と
          その女性に指を机に打ちつけながら真剣に話をしている男性。

          この写真からストーリーを想像します。

          これは何の飲み会なのか
          ここはどこなのか
          二人の関係はなんなのか
          何を話しているのか
          時間帯は?飲み始めてどのくらい?

          など、
          ストーリーに必要な設定を各自自由に決めて書きます。



          そして書いたものをみんなで読んでみる。



          人に読んでもらうとまた想像が広がります。
          ここで注意しないといけないことは「説明しすぎない」こと。
          会話の中から自然と設定が見えてくるのがおもしろいですね。

          今回は写真を変えて2つ短い台本を書きました。

          以前講座を受講しているだけあってペンの進みも速く、少人数のなのでじっくりできます。
          次回はさらにいろんな写真を持ち寄り書いていくことになりました。

          どんな戯曲が出来上がってくるのかまた楽しみです。
          | irontheater | 大学演劇ラボ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |